1. HOME
  2. ブログ
  3. ごみ屋敷清掃について
  4. ゴミ部屋・汚部屋をどうにかしたい!正しい片付け手順7個を紹介

BLOG

ブログ

ごみ屋敷清掃について

ゴミ部屋・汚部屋をどうにかしたい!正しい片付け手順7個を紹介

ゴミ部屋・汚部屋をどうにかしたい!正しい片付け手順7個を紹介

高齢者だけでなく、最近では若者の中で増えてきているゴミ部屋や汚部屋問題。そんなゴミだらけの部屋を作ってしまい、どうにかしたいと考えている人はいませんか?

自分でゴミ部屋や汚部屋を作ったとは言え、あまりの惨状になってしまっていると自然とどうにかしたいと考えるのが一般的です。そこで本記事では、ゴミ部屋や汚部屋を片付けようと考えた人の心理状態を解説しつつ、正しい片付け手順を紹介していきます。

ゴミ部屋・汚部屋をどうにかしたい人の心理状態

ゴミ部屋・汚部屋をどうにかしたい人の心理状態

まずはゴミ部屋や汚部屋を片付けたいと感じた人の心理についてになります。今までゴミ部屋に住んでいることに慣れてしまった住人も、ひょんなことから「部屋を片付けよう」と感じるものですよ。

部屋があまりにも汚すぎる

部屋があまりにも汚すぎることに気付き、そこから部屋をどうにかしたいと考える人はたくさんいます。というのもゴミ部屋や汚部屋にしてしまう人というのは、「いつの間にか部屋が汚くなっていた」と答える人が多いのです。

元々は綺麗だった部屋も、ゴミが増えていくことに見慣れてしまい、だんだんと部屋の中にゴミを大量に置いてしまいます。そしてひょんなキッカケから、改めて部屋を見たときに部屋が汚すぎるという結論に至り、最終的に部屋が汚いことにやっと気づくのです。

ゴミ以外にも害虫などが発生している

ゴミが部屋の中に置かれていて気にしないという方も、家の中に害虫がたくさん発生しだしてやっとこさ部屋を片付けるようと考えます。害虫と言えばゴキブリやハエ、ノミなどが有名ですが、虫が発生しやすい夏などには大量に発生しやすい傾向にあるのです。

そんな人に精神的なショックを与えさせる害虫は、ゴミとは違って生きているものでもあるので、たいていの人は今の環境を改善しようと考えます。ゴミが大量にあったとしても、害虫が発生してやっとこさ重たい腰を上げるようになると言えるでしょう。

周りからの指摘

自分でゴミ部屋という認識がなくても、近隣住民や身内の人から注意をされて片付けるという人も結構います。というのもゴミ部屋に住んでいる人の中には、ゴミをゴミだと思っていないことも多く、片付けをしようという考えがない場合があるのです。

しかし周りから指摘されたときに、初めて自分の部屋が周りに迷惑をかけていることに気付きます。指摘されることに反感をかう人もいますが、ちゃんと失礼のないように生活していこうと考える人は、しっかりと今の環境をどうにかしようと考えて行動を起こすでしょう。

ゴミ部屋・汚部屋の正しい片付け手順7個

ゴミ部屋・汚部屋の正しい片付け手順7個

ではそんなゴミ部屋や汚部屋を片付けるとなった際には、どのような手順で片付けを進めていけばいいのでしょうか?そこでここでは、汚くなった部屋を綺麗に片付けるための正しい手順について解説していきます。

生活環境を見直す

まずは何より、今の生活環境を見直す必要があります。というのも仮に生活環境を見直さずに片付けをしてしまった場合、なぜ部屋が汚くなってしまったのかの原因が分からず、また繰り返し部屋を着た失くしてしまう可能性があるのです。

もちろん一度部屋を片付けした後に汚くしないという確固たる意志があるなら問題ありませんが、部屋を片付けようと考えた最初の頃はほとんどの場合、意志が固まっていません。

なのでまずは、片付けをした後のことを考慮して生活環境を見直すことから始めていきましょう。

自分で片づけれる状態かを知る

次に自分で片づけれる状態かを知ることも大切です。もし部屋を綺麗にしようと思っても、あまりにも量が多すぎた場合や汚い状態になっているなら、単独で部屋を綺麗にするのは困難を極めることでしょう。

なのでまずは自分で片づけれる状態なのか、誰かと一緒じゃないと片付けられない状態なのかを把握することが大切です。そうすることで、友達や業者に片付けを手伝ってもらうかどうかの判断に繋がります。

掃除に必要な道具類を用意する

部屋を片付けしようと思っても、掃除道具がなくては始めることができません。なのでまずは、部屋の掃除に必要だと思われる道具類を用意していきましょう。

ちなみに主に必要とされる掃除道具類は、以下の通りです。

  • ゴミ袋
  • マスク
  • 軍手
  • 目を守るためのゴーグル
  • 段ボール
  • 汚れてもいい靴
  • ぞうきん
  • 殺虫剤

これだけのものを用意しておけば、部屋の片付けを始めることができます。

まずは一か所から片付けをしていく

まずは一か所から片付けをしていく

掃除道具が揃ったところでいよいよ片付けをしていくのですが、まずは一か所から片付けをしていくのがおススメです。というのも部屋をまんべんなく片付けをしていっても、なかなか部屋が綺麗になっていることを実感するのが難しい傾向にあります。

しかし一か所でも綺麗にしてしまえば、部屋が綺麗になったという実感がわき、さらに部屋を綺麗にしていこうというモチベーションに繋がっていくのです。大量にあるゴミを片付けるのは大変なので、ちょっとしたことでも達成感を感じながら片付けを進めていくと良いでしょう。

いる物といらない物の区別をする

ある程度片付けが進んできたら、いる物といらない物の区別をしていきましょう。いくらゴミが大量にあるといは言え、すべてがゴミとして認識されるわけではありません。本当に大事なモノは残しておき、不必要だと感じるものは処分していくことが大切です。

ポイントとしては、1年以上使っていないものは処分していくというスタイルを取っていき、本当に必要なモノだけを残していくのが重要になります。ゴミが大量にある場合、本当にいらないものというのはゴミの下に埋まっている可能性が高く、不用品と判別しましょう。

そうしていくことで効率よく部屋を片付けしていくことができ、しっかりとした断捨離を進めていくことができます。

ゴミの日に合わせてゴミを捨てていく

部屋が片付いてきたら、後はゴミの日に合わせてゴミを捨てていきましょう。ただここで注意点として、ちゃんとゴミの種類を仕分けをしてゴミを捨てていくことが大切です。というのも一気にゴミ置き場にゴミを置いてしまうと、近隣住民から苦情が殺到する可能性があるからになります。

住んでいる場所によって、週ごとに捨てるゴミの種類は異なるでしょう。なのでちゃんと曜日ごとに、ゴミの種類を分けて捨てるようにしていくことが重要と言えるのです。

片付けられないと判断したモノは業者に依頼する

もしゴミ部屋の中に、自分では片付けられないものがあった場合は業者に依頼をしていきましょう。というのもあまりにも大きいゴミがあった場合や、汚くて触れない状態になっているゴミなどは素人では対処しきれない場合があります。

例えば部屋の中に腐敗したゴミがあった場合、腐敗した液体が染み込み床になかなか取れないシミが染みついている可能性があるのです。なのでそんな片付けられないと判断したものは、自分たちで対処しようとせず業者に依頼をするようにしましょう。

プロが所属する専門の業者に依頼をすれば、どんな状況の汚部屋でも対処するのに慣れているので安心してお任せすることができますよ。

まとめ

ゴミ部屋や汚部屋を綺麗にしようとなった際にすべき、正しい手順についてまとめていきました。どうしてもゴミ部屋や汚部屋を作り出す人と言うのは、無意識に部屋を汚くしてしまうという傾向にあります。

しかしどんなに汚い部屋だったとしても、ちゃんと部屋を片付けようと思ったのでしたらすぐに対処することは可能です。なのでぜひ「今の状況をどうにかしたい!」と考えたのでしたら、少しづつでも部屋を片付けてみてください。そうすることで今の環境から脱出することができますよ。

またゴミ部屋・汚部屋状態を早めに脱却したいと感じたら、ぜひ「整想屋」にお任せください。
ゴミ屋敷の片付けを広島全域で対応している整想屋は、お客様満足度No.1という実績を残しており、プロの特殊清掃員が多く所属しているプロ集団になります。

もしゴミ屋敷問題が広島で起こっているという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!