1. HOME
  2. ブログ
  3. ごみ屋敷清掃について
  4. 老人・高齢者が生み出すゴミ屋敷問題が急増!?【原因や対策を紹介】

BLOG

ブログ

ごみ屋敷清掃について

老人・高齢者が生み出すゴミ屋敷問題が急増!?【原因や対策を紹介】

これからの日本において目を背けてはいけない問題として挙げられるのが、高齢者が増えていく高齢者問題です。しかしそんな高齢者問題の背景には、ゴミ屋敷に住み始めている老人が増えていることをご存知でしょうか?

実は現代において、老人・高齢者のゴミ屋敷問題は大きな社会問題となってきているのです。そこで本記事では、老人・高齢者がなぜゴミ屋敷を生み出すのかの原因について解説しつつ、知っておくべき対策法を紹介していきます。

近隣住民や身内で老人・高齢者がいるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

老人・高齢者が生み出すゴミ屋敷問題が急増

老人・高齢者が生み出すゴミ屋敷問題が急増

現代において高齢化社会は、見逃すことができない社会問題となってきています。さらに最近では晩婚化の影響もあってゴミ屋敷に住み着いたまま1人で生涯を終える高齢者、またはご老人の方が増えてきており多大なる迷惑を近隣住民にかけているのです。

しかし高齢者ということもあって、近隣住民もゴミ屋敷の存在に気付いたとしてもなかなか強く注意がしづらいという現実があります。さらにもしゴミ屋敷について注意をしたらトラブルに巻き込まれる可能性は高くなるので、見て見ぬふりをするという人も少なくありません。

そういった理由もあって、日本にはどんどんゴミ屋敷を作り出す高齢者が増えてきており、ゴミ屋敷問題における対策を国全体で行っていく必要があるのです。

老人・高齢者がゴミ屋敷を生み出す原因

老人・高齢者がゴミ屋敷を生み出す原因

ではそもそも老人・高齢者の方が、ゴミ屋敷を生み出してしまう原因とはいったい何なのでしょうか?そこでここでは、老人・高齢者ならではの原因について解説していきます。

物を大事にしようとする考え

現代の高齢者というのは、戦争を経験していたり貧困を経験していたりと、現代に比べると貧しい暮らしをしていた人がたくさんいます。なので物を大切にするという精神のもと毎日を過ごしていた人も多く、お年を召した状態でも考え方が変わっていないことがほとんど。

もちろん物を大事にするという考えはいいことですが、第三者から見たら明らかに必要ないだろうという物ですら「いつか使えるかも」という理由で残しています。そんな物をなかなか捨てられない習慣が染みついているせいで、家の中にどんどんゴミが散乱していくのです。

周りに迷惑をかけれない

だんだんとお年を召した方に多いのですが、周りに迷惑をかけないようにのんびり暮らしたいという願望が少しずつ出てくるものです。少しでもゆっくりと余生を過ごしたいという考えが出てきて、少しでものんびり暮らそうという考えが出てきます。

しかしそんな考えを持っているせいで、家の中にゴミが溜まっていっても周りに迷惑をかけれないという理由で、どんどん家の中にゴミをため込んでいってしまうのです。そして気づいたときには収集がつかない状態になっており、自分では片付けができなくなっている状態というのも少なくありません。

ゴミを片付ける体力がない

高齢者にもなっていくと、だんだんと体力が衰えていく傾向にあります。今まで重たいゴミを片付けることも造作もなかったとしても、筋肉が衰えると重たいゴミなどを持ち運びすることが困難になっていくのです。

そうなってくると、自分でゴミを捨てるという行為ですら大変に感じてしまい、ゴミをそのまま家の片隅に追いやってしまうという人も少なくありません。またもともと家の中を綺麗に掃除をしていたとしても、家の外に大量のゴミを放置しているという事例も多いのです。

周りに手助けをしてくれる人がいれば問題ないのでしょうが、高齢者やご老人の方の中には自分だけで生きていくことを決意した人もいます。

認知症

ご老人や高齢者の方でなりやすい病気の1つでもある認知症が、ゴミ屋敷を生み出す原因にもなっているのです。というのも、認知症になってしまうと正しい判断をする能力が低下してしまうことがあり、ゴミを捨てるという行為ですらできなくなってしまいます。

例えば、日常的にゴミを捨てる習慣があった人だったとしても、いざ認知症を発症してしまうとゴミを片付けることができずゴミ屋敷を生み出してしまうでしょう。もちろん周りのサポートがあれば認知症でもゴミ屋敷を防ぐことができますが、中には認知症の状態で放置されているご家族もいるので注意が必要となります。

セルフネグレクト

セルフネグレクトは精神病の1つでもあり、症状としては自分自身のことはどうでもよくなってしまったり周囲との繋がりを避けたりする傾向にあります。というのも、自分の力だけで物事をこなしていこうという考えになってしまい、セルフネグレクトだと周りから気づかれることが少ないのです。

また高齢者に多い病気ではありますが、最近では40~50代の中間層でも発症する恐れのある病気になります。周りのことで精いっぱい動いていても、自分自身のことにまったく興味がなくなってしまい、家がゴミだらけになってもまったく興味を示さないようになっていくのです

老人・高齢者が住みつくゴミ屋敷の対策法

老人・高齢者が住みつくゴミ屋敷の対策法

ではそんなご老人や高齢者の方が住みつくゴミ屋敷を片付けていくには、どのような対策を練っていけばいいのでしょうか?そこでここでは、正しい対策法について解説していきます。

まずは説得をする

ゴミ屋敷をどうにかしようと考えていても、まずは何よりご老人や高齢者の方を説得するところから始めなくてはいけません。というのも高齢者の方からすれば、いきなり家の中のゴミを片付けようといわれても納得することはありません。

特にゴミ屋敷に住んでいる人というのは、ゴミをゴミだと思っていなかったり周りの助けを借りるのを極端に拒む人が多いのです。なのでまずは自分の基準で話すのではなく、高齢者の価値観や立場を意識して説得を試みるようにしましょう。

一緒にゴミの片付けをして片付けの重要性に気付いてもらう

高齢者の中には、ゴミを片付けすることの重要性を理解していないという人も少なくありません。なのでまずは、一緒にゴミを片付けるなどして部屋を綺麗にしていくことの重要性について知ってもらうところから始めていきましょう。

一気に片付けるというのは負担に感じてしまうかもしれませんが、1か所でも綺麗になれば少しずつ片付けの楽しさに気付いていくもの。なのでもし家族で部屋を綺麗にするというのでしたら、一緒にゴミを片付けていくのがおススメです。

ゴミ屋敷専門の片付け業者に依頼をする

一番早く部屋を綺麗にしていったり、ゴミ屋敷を清掃していきたいと考えるなら、ゴミ屋敷専門の片付け業者に依頼をするのが最も効率的です。というのも業者に依頼をしていけば、ゴミが大量にあったとしても1~2日程度ですべてのゴミを除去してくれます。

さらにはご老人の方のご負担にならないように、本当に必要なものだけは残しておき、いらなくなったものはすべて代わりに処分してくれるのです。どうしても身体が思ったように動かなかったり、自分ではどうにもできない状況にまでなっていたら、業者に依頼をしたほうがすぐに部屋を初期の状態に戻してくれることでしょう。

まとめ

ご老人・高齢者が、ゴミ屋敷を生み出してしまう原因や対策についてまとめていきました。これから高齢化社会になっていくので、ゴミ屋敷を生み出す人というのはどんどん増えていくことが予想されます。

しかし周りのサポートがしっかりとしていたり、高齢者の方への理解が行き届いていれば、問題なくゴミ屋敷問題を減らすことができるでしょう。なのでもし身の回りにゴミ屋敷に住んでいる人がいるということでしたら、ぜひ早めの対策をおススメします。

またゴミ屋敷状態を脱却したいと感じたら、ぜひ「整想屋」にお任せください。ゴミ屋敷の片付けを広島全域で対応している整想屋は、お客様満足度No.1という実績を残しており、プロの特殊清掃員が多く所属しているプロ集団になります。

もしゴミ屋敷問題が広島で起こっているという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!