1. HOME
  2. ブログ
  3. ごみ屋敷清掃について
  4. ゴミ屋敷で起こる火事や火災に注意!火事になる原因と対処法とは?

BLOG

ブログ

ごみ屋敷清掃について

ゴミ屋敷で起こる火事や火災に注意!火事になる原因と対処法とは?

ゴミ屋敷に住んでいる人や近所に住んでいる人の中で、ゴミ屋敷で起こる火事や火災が大きな問題になってきていることをご存知でしょうか?悪臭などの被害が起きることでも有名なゴミ屋敷問題ですが、実は火事になる恐れがあることでも問題視されているのです。

本記事では、そんなゴミ屋敷における火事事情や起こる原因について解説しつつ、正しい解決策について解説していきます。

火事や火災の危険性もあるゴミ屋敷問題

火事や火災の危険性もあるゴミ屋敷問題

近年において、ゴミ屋敷問題とは大きな社会問題へと発展してきました。もともと高齢者がゴミ屋敷に住んでいたという事例が昔からあったものの、最近では若者がゴミ屋敷を作り出すことでも問題視されてきているのです。

そんな中でゴミを家の中においておけば、その分一度火がついてしまうと、一気に燃え広がってしまうという危険性を含んでいます。悪臭問題で近隣に迷惑をかけるだけでも、火災によって火が燃え移ってしまっては対処のしようがありません。

なのでできる限り近隣にゴミ屋敷がある方や家に住んでいるという方は、早めの対策を立てていく必要があると言えるのです。

ゴミ屋敷が火事や火災になる原因とは?

ゴミ屋敷が火事や火災になる原因とは?

ではそもそもゴミ屋敷では、どうして火事や火災が起きてしまうのでしょうか?
主な原因として考えられるのが、以下の3つになります。

  • ゴミ屋敷住人による火の不始末
  • トラッキング現象
  • 外部からの放火

上記の通りです。

それぞれどういった意味か、詳しく見ていきましょう。

ゴミ屋敷住人による火の不始末

ゴミ屋敷で一番多い火災の原因と言うのが、ゴミ屋敷住人による火の不始末になります。主にはタバコなどがあげられ、実際に火災事件にまで発展したという例は数多く存在するのです。

実際にゴミ屋敷以外でもタバコの不始末による火災は多いですが、火の広がり方が早いのはゴミ屋敷のほうが圧倒的。もし火元の周りに何もない状態なら被害を最小限に抑えることができるかもしれませんが、ゴミが大量に置いている部屋では対処が間に合わないことでしょう。

それだけゴミ屋敷とは、火災を起こしやすい条件を兼ね備えていると言えます。

トラッキング現象

ゴミ屋敷以外でも問題視されているのが、トラッキング現象による火災になります。トラッキング現象とは、いわばコンセントなどに溜まったホコリなどに電気が接触することで着火を引き起こしてしまう現象のことです。

ゴミ屋敷の特徴として、掃除が行き届いていないという特徴を持っており、コンセント部分はホコリまみれなのが多々あるもの。そんな状態で日常を繰り返していたら、自然とトラッキング現象を引き起こしてしまうのです。

コンセントがどこにあるのかも検討がつかないほどのゴミ屋敷なら、早めに対策を立てないと火災を引き起こしてしまうでしょう。

外部からの放火

ゴミ屋敷に住んでいる人が一番気をつけなくてはいけないのが、外部からの放火です。実際に外部からの放火によって、ゴミ屋敷が火事になったという事例はあります。

というのも、ゴミ屋敷とは周りから見たら忌み嫌われる物体であり、近隣住民からしたら早めに無くなってほしいモノ。そんなゴミ屋敷に対して、「ちょっと火をつけて懲らしめてやろう」という発想になってしまってもおかしくないのです。

もちろん放火は犯罪ですが、なかなか犯人逮捕には繋がりにくい部分もあります。そういった意味合いで、外部からの放火による火事が度々起こってくるのです。

ゴミ屋敷が起こす火事や火災以外の被害

ゴミ屋敷が起こす火事や火災以外の被害

そんな火事や火災を引き起こす危険性を兼ね備えているゴミ屋敷ですが、他にはどのような被害が想定されるのでしょうか?そこでここでは、火事以外でも見逃すことができないゴミ屋敷における問題点を解説していきます。

悪臭問題

ゴミ屋敷の近くに住んでいると分かりますが、家の前を通ると悪臭が漂ってきます。ゴミの中には食べかけのゴミや飲みかけの飲料水などが大量に含まれていることが多く、日が経つにつれて強烈なにおいを発するようになるのです。

ただゴミ屋敷に住んでいる人は毎日のように同じ家に住んでいるとあって、なかなか悪臭に気付かないもの。しかし近隣住民からすると、臭いにおいに耐えられなかったり、子供への悪影響があったりしてトラブルのもとになりかねません。

害虫や害獣問題

悪臭問題と繋がるのですが、ゴミが腐ったような臭いに連れられて害虫や害獣が家に住み着くという問題も起きてしまいます。害虫としてはゴキブリやクモ、ハエなどが繁殖し、害獣はネズミがたくさん住み着くようになっていくのです。

さらにゴミ屋敷の中で納まれば問題ないのですが、最悪の場合、近隣の家に被害が拡散する恐れもあります。あまりにもひどいようでしたら、近所から警察に通報されたり役所が家を訪ねてきたりする可能性もあるので、早めの対処が必要と言えるでしょう。

家の崩壊問題

火災と同様に、ゴミ屋敷住人が気をつけなくてはいけないのが、ゴミが大量に積もったことで起こる家の崩壊問題です。どれだけ頑丈な家だったとしても、部屋の中を埋め尽くすほどのゴミを置いていては家が崩壊してもおかしくありません。さらに老朽化した家に住んでいたとあっては、なおさら耐えられないでしょう。

家が崩壊してしまうと、近隣住民に被害が及ぶだけでなく、近くを歩いている人がケガをしてしまうお恐れもあります。そんな危険と隣り合わせの状態を作ってしまうとあって、早めの対処が求められるのです。

火事・火災が起きる前にすべき対処法とは?

火事・火災が起きる前にすべき対処法とは?

ではそんな危険が溢れているゴミ屋敷問題ですが、正しい対処法を知っていれば問題を未然に防ぐことができます。しかしそのためには、ゴミ屋敷に住んでいる人の積極的行動が不可欠です。

まずはゴミ屋敷となった家が今後起こしうるであろう被害を真摯に受け止めて、正しい対処法を実践していくようにしましょう。

一気に部屋の片付けを進めていく

まずは部屋の片付けをしていくことが第一前提です。火災が起きる前にゴミをちゃんと捨てておけば、火事という被害を受けることはありません。なのでもしゴミ屋敷問題に向き合うと決めた方は、早めに部屋を片付けるよう心がけましょう。

ここで注意点として、「一気に片付ける」というのがポイント。
どうしてもダラダラと片付けをしていると、なかなかスムーズに部屋がきれいになっていかず、最終的には飽きて部屋を綺麗にするということ自体諦めてしまう恐れもあります。

ゴミ屋敷は、どれだけ早く部屋を綺麗な状態にしていくかが何よりも大切です。ちょっとずつでも部屋が綺麗になれば、気持ちも入れ替わってくるのでおススメですよ。

業者に依頼をする

ただあまりにも部屋の中にゴミが散乱してしまっていて、自分では対処しきれないということでしたら業者に依頼をするというのも1つの選択肢です。どうしても費用は掛かってきますが、依頼をすれば最低でも1~2日で家の中を最初の初期状態に戻してくれます。

さらにゴミ屋敷を専門に片付けをしているとあって、今後ゴミだらけの部屋を作らないようにするためのアドバイスをくれることもあるのです。どうしても片付ける習慣がないという方や、ゴミをそのまま放置してしまうという方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

ただ中にはおススメの業者が分からないという人もいることでしょう。
そんな時は、一度「整想屋」にご連絡ください。ゴミ屋敷の片付けを広島全域で対応している整想屋は、お客様満足度No.1という実績を残しており、プロの特殊清掃員が多く所属しているプロ集団になります。

もしゴミ屋敷問題が広島で起こっているという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

故人様のご遺品を真心込めて整理致します。

ゴミ屋敷問題によって巻き起こす、火災問題についてまとめていきました。
火災が一度起こってしまうと近隣の家に被害が及び、最悪の場合、責任を問われ賠償金を支払わされる可能性も出てきます。

「火災なんてめったに起こらないから大丈夫」と考えている人ほど危険です。もし火災の危険性を兼ね備えている家だと感じた方は、できるだけ早めの対処をしていくようにしましょう。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!